ボトミングとは

| 未分類 |

車は走行するにあたって様々な衝撃を受けています。車両全体の小さな上下振動の事をバウンシング、車両全体が大きく上下に揺れ、衝撃を吸収してくれるサスペンションが目一杯縮んでいる状態のことをボトミング、前後にシーソーのように振動することはピッチング、カーブなどで曲がった時に車が左右に傾くような揺れのことをローリングと言ったりします。
衝撃を吸収してくれるサスペンションは通常、タイヤと車体の間に装着されており、快適な走行・運転をするために非常に大きな役割を果たしているとされています。さたに、車の操作性や安全性にも大きな影響を与えている友言われています。
乗用車に多く採用されているサスペンションのタイプはストラット式と呼ばれているものです。これはシンプルな構造をしているタイプのサスペンションで、コストを安く抑えることが出来る、広い範囲の衝撃を分散して吸収することが出来るというメリットがあります。
積載量が多いトラックなどには、リーフスプリングというタイプが採用されています。これは、柔らかさが無いため、安定性や乗り心地という面では他のタイプに劣りますが、他に比べて丈夫で剛性に優れているという特徴があります。

テクスチャー09