インディペンデントタイプについて

| 未分類 |

テクスチャー02自動車のサスペンションには左右のタイヤが車軸で連結されておらずそれぞれ独立して動くことができるものがあります。

 

これを日本語では独立懸架と読んでいますが、いわゆるインディペンデントタイプのサスペンションということができます。

 

こうした独立系のサスペンションの場合には設定の自由度が高く、高速時の安定性と乗り心地の向上が図られることから多くの乗用車で採用されるようになっているメカニズムです。当初は前輪にだけ採用されていましたが、最近では様々なバネとの組み合わせにより後輪にも設置されるようになり、乗用車以外でも小型トラックやバン、RV、大型トラック、バスの前輪などにも積極的に利用されるようになっているのです。開発メーカーによって様々な名称がつけられ、また形式にも実に様々なものが登場しているため同じ独立系のサスペンションであっても非常にバリエーションが豊富になっているのが最近の状況ということができます。

 

 

またエコカーが増えている中にあってスペースをとらないシンプルで機能的なものも多く登場するようになっており、常に進化を続けているクルマの重要な構成部品ということができます。この部品が総合的な乗り心地やエネルギー効率などにも影響を与えているというわけです。