ピッチングとは

| 未分類 |

ピッチングとは、クルマの挙動を示す要素のひとつで、前輪のサスペンションが沈んだ時に後輪のサスペンションが逆に伸びる形になって、そのあとに今度はそれと逆さまの動きをすることを言います。

 

つまり車体の前後方向へのシーソーのような動きのことを総称してこう呼びます。これはやわらかい足回りにセッティングされているクルマで、急激にブレーキングをしますと車体が前傾する形となり、ブレーキをリリースしてあげると一瞬後ろ方向へ傾くといった挙動に代表されるものです。こうした動きをするクルマは当然のことながら乗り心地が悪くなりますが、逆にまったくこうした挙動を見せないクルマの場合には、曲がりにくくなり、大変危険でもあるのです。したがって足回りを固めすぎたような車はこうした挙動が現れず、逆に危険度が増すことがあるので要注意となります。このような縦ゆれの挙動を抑制していくためには、ショックアブソーバーの減衰力を大きくすることによってかなり抑えることができるようになりますが、逆に路面からの突き上げがある場合には乗り心地を損なう可能性もあるため、丁度いいバランスをとることが必要となってくるのです。

テクスチャー07

 

よく設計されたクルマはこうしたサスペンションの調整がしっかり効いたものが多いものです。