サスペンションの仕組みと種類とは

| 未分類 |

携帯電話01サスペンションとは、自動車が路面から受ける衝撃を吸収する装置のことで、この性能の良し悪しは、車の乗り心地や操作性に大きく作用しています。

 

サスペンションには大きく分けて、独立懸架方式と固定車軸方式の2つの種類があり、それぞれ仕組みが異なっています。

 

独立懸架方式は、インディペンデントサスペンションと呼ばれ、左右の車軸についてそれぞれ独立して動作させる方式です。この方式では、車種にあった調整が可能となっており、現在では主流の方式になっています。固定車軸方式は、リジッドアクスルと呼ばれ、左右のタイヤが1本の軸で連結された方式です。

 

この方式では、構造が単純である為、耐久性やコスト面でメリットがある方式となっています。固定車軸方式は、主にトラックなどで多く採用されている方式です。その他にも、いくつかの方式があります。例えばエアーサスペンションでは、空気を利用して衝撃を抑える方式で、大型のトラックなどで採用されている方式です。コイルスプリングは、バネの伸び縮みにより衝撃を吸収する方式になっています。

 

サスペンションの種類には様々あり、それぞれ特徴があるため、車種により適切な方式がとられるようになっています。