リジットタイプについて

| 未分類 |

サスペンションとは、車体と車輪の間を繋ぎ、路面からの入力を緩和し、乗り心地や操縦安定性の向上、車体の保護をしています。

 

そして、サスペンションの基本形式は大きく分けて2つあります。左右が独立して運動できるインデペンデントサスペンションと左右輪を1本の車軸で連結したリジッドアクスルサスペンションです。リジットタイプは、車輪が上下運動をする時、左右輪が連結しているためアライメント変化が少なく、タイヤの摩耗も少ないうえに構造が簡単なため、低コストです。そして、スペースが少なくてすみ、フロアの高さを低く出来ます。このサスペンションの特徴は、各ビームにねじれを生じさせるように設計されていることです。縦方向に配置された左右のトレーリングアームの鋼板には、前後方向の力に対しては十分な剛性を持たせているが、ねじれ方向に対してはある程度の軟らかさを持たせてあり、同様にアクセルビームもねじれるようになっています。

 

この左右一体の車軸を支える方式は、片方の車輪が受けた路面のショックが、他の車輪に伝わるため、乗り心地が悪いという欠点があるが、構造がシンプルで耐久性にすぐれていることから、多くのトラックに採用されています。